口をポカン

ドールハウスとは、実物の12分の1の大きさで作られたミニチュアの模型の家のことです。
12分の1サイズは、1フィートを1インチにミニチュア化したサイズになります。

しかし、ドールハウスの全てがこのサイズで統一されている訳ではありません。
8分の1サイズなどの少し大きめのものも存在します。
ドールハウスの土台となる建物は壁の片側が取り払われていて、外側から全部屋を一望することができます。
多くの場合、建物は2階建てから3階建てとなっています。
部屋と部屋の間には間仕切りがあり、本物の家さながらの設備が整っています。
窓やドアも開くようになっていますし、壁紙なども細部まで丁寧に張られています。
ドールハウスの室内には、建物と同様の縮尺でミニチュア化された家具などの生活雑貨を並べます。
家具に関しては、引き出しが開けられるようになっています。
いずれの雑貨も実物に近い形で忠実に再現されています。
高級なものになると、実物と同じ材質を使って作られています。
室内に並べる生活雑貨は、家具などの大きなものだけではありません。
食器やスプーンなどの細々とした雑貨も用意されています。
元々は子供の人形遊び用として作られたものでしたが、現在ではその精密さを堪能する玩具として大人の愛好家にもてはやされています。
ドールハウスのミニチュア雑貨は、通販サイトなどで販売されています。
スケールごとに販売されているため、自分の所有しているドールハウスの縮尺に合わせて購入する必要があります。
総合的に全てのミニチュアを取り扱っている通販サイトもありますが、中には家具だけに特化し通販たサイトや細々とした雑貨だけに対応した通販サイトなどもあります。
通販サイトの中には、これらの雑貨を全て作家個人のハンドメイドで作って販売しているような所もあります。
受注生産や1点物の商品も多いことから、自分だけのこだわりのドールハウスを作りたいと思っている人に人気があります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
オススメリンク